ビジネス事務用の法人向けパソコンを選ぶ

購入するパソコンの使用用途を見極める

一概にパソコンといっても利用用途に応じて、最適な性能があります。当然金額をかければどんなことでもできるPCに仕上がります。当然、企業ですからそんなに予算が割けるわけではありません。どのような部署でどのように使うかで最適な性能をのものを使うことが重要になっていきます。例えば、営業部や事務のパソコンと技術部のパソコンの性能が同じでは、営業部の用途に性能を合わせれば予算は削減できますが、技術部の仕事が一切できず、部署から不満の声が飛び交うかもしれません。逆に技術部の用途に性能を合わせれば営業部の人たちは手にあまり、予算は大幅にかかり、経営が圧迫される・・・なんてことも。

どの部署が、どのような性能のものをどれだけ使うのかをしっかり吟味してパソコンを選定しましょう。

どういったものを購入すればいいの?

法人用のパソコンに必要なものは安定性と安全性です。部署や業種にもよりますが、個人用パソコンと違い大抵はメーラーとofficeが使えれば問題ないと思います。ですので、量販店などでの購入ではなく、専門の業者へ依頼をすることをお勧めします。 さらに、台数をまとめて購入すると割引があったり、ソフトも、企業価格が存在するものもありますからお得に購入できるかもしれません。そして、外に持ち出すことが多い場合は、バッテリーの数量の多いものそしてHDDではなくSSDを搭載したものを購入することさらにお勧めします。 なぜなら、外出先は充電ができるポイントも少なく、振動が多いためです。HDDは物理的振動に弱いため、大事な情報やファイルデータが急に消えてしまう、起動しなくなるを最小限に抑えるためにも、多少の予算がかかったとしても、会社の信頼のためにお金をかけたほうがいいでしょう。